HOZAN 実体顕微鏡 デバイスビュアー10×/20× ( L50 ) L-50-顕微鏡

  • 正中離開(すきっ歯)

    すきっ歯の治療実例





    特長:

    電子機器の分野であらゆる作業に対する、汎用性の高い実体顕微鏡の標準モデルです。
    静電気対策用導電性カラーマットや、はんだ付け時の煙からレンズを守るレンズフィルターを装備。
    対物レンズはレボルバー(回転式)で、90°回すことで倍率を変換できます。
    コンバーションレンズや接眼レンズの組み合わせにより、5~80×までをカバーできます(別売)。


    仕様:

    奥行(mm):185
    観察可能高さ(mm):80
    高さ(mm):400
    作動距離(mm):80
    視野数(mm):9・18
    接眼レンズ(倍):WF10
    総合倍率(倍):10・20
    対物レンズ(倍):1・2
    幅(mm):145
    鏡体形式:
    落差照明(W):
    鏡体型式:双眼変倍
    落射照明:なし
    透過照明:なし
    鏡体型式:双眼
    視度調整:片眼調整式、±5Dptr
    開口数:0.033(1×)、0.047(2×)


    (まとめ)ナス型フラスコ 246170(300mL) 【×5セット】
  • 歯並びのデコボコを約8ヵ月で改善

HOZAN 実体顕微鏡 デバイスビュアー10×/20× ( L50 ) L-50-顕微鏡

上顎前突(出っ歯)の患者様1

HOZAN 実体顕微鏡 デバイスビュアー10×/20× ( L50 ) L-50-顕微鏡

当院で治療がお受けできない可能性が高い症例はこちらからご確認ください。

採用情報(歯科技工士・スタッフ募集)